こちらのウッドデッキをご覧下さい。

「老朽化してボロボロになってきたから作り変えたい」という
ご相談をいただいたウッドデッキです。

随分、傷んでいますがこのウッドデッキはどのぐらい経っていると思いますか?

答えは15年。
15年前に作られたウッドデッキです。

「ウエスタンレッドシダー」というソフトウッドに分類される
ウッドデッキ材を用いて作られたウッドデッキです。

30年もつと言われるハードウッドでなく、
10数年しかもたないソフトウッドで作られたウッドデッキです。

海外では古くから高い耐久性で知られたハードウッド材でしたが、
このウッドデッキが作られた15年ほど前は、
まだ日本にハードウッド材が出たばかりでした。

古くからやっている工務店さんは
「本当に日本でも30年もつの?」と心配で
ハードウッドに手を出さなかったと思われます。

なので、昔から使われていて安心感のある
ウエスタンレッドシダーを使ったんでしょうね。

こちらのウッドデッキは、あちこち傷んで、
手すりやステップはボロボロになっていました。

作ってから15年の間、全く手入れをしなかったらしいです。
それが劣化をさらに早めた原因だと思われます。

ウエスタンレッドシダー製ウッドデッキは
本来なら4,5年に1回保護剤を塗らないといけないです。

メンテナンスを怠ると、ウッドデッキの寿命はぐんと短くなります。
気をつけてくださいね。