ウッドデッキはメンテナンスしないと、傷みが早くなります。

ウッドデッキの材料に何を使っているかによりますが、
ソフトウッドに分類されるウエスタンレッドシダーというデッキ材で
作ったウッドデッキは、4~5年に1回、保護剤を塗らないと
木が傷んできます。

雨風から木を守っている保護剤は4~5年で効果がなくなってきます。
保護剤の効果がなくなると、木が雨に濡れ、濡れては渇きを繰り返しているうちに
腐ったり、シロアリがきたりして傷むのです。

そうならないためには「キシラデコール」などの
材木に浸み込む特殊な塗料で、油のようなものを
4~5年に1度、塗るのが良い管理方法です。

キシラデコールは、4リットルで1万円くらいします。
けっこう高いです。

キシラデコールは高級な輸入剤ですが、
実は、これより安価な、国産のウッドデコールという
木材保護剤があります。これで十分効果があります。

でも業者さんは儲からないので、安いウッドデコールより
高価なキシラデコールをよく使っているようです。